ビエリデントアクア(BielidentAqua)が虫歯に効果的な理由と虫歯のメカニズム

ビエリデントアクア(BielidentAqua)は自宅で簡単に歯を白くする「ホワイトニング」ができると話題のオーラルケアグッズです。
ビエリデントアクア(BielidentAqua)はホワイトニング以外にも口の中の環境を整えて、虫歯予防や歯周病、歯肉炎などのお口の中のトラブルを防ぐ効果があります。

ではビエリデントアクア(BielidentAqua)はどのようなメカニズムで口内トラブルを防いでいるのでしょうか?

 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら

虫歯はなぜできるの?


私達が生活する上で食事を摂ることは欠かせません。
しかし虫歯はそういった食事が原因で発生してしまいます。どんなに念入りに歯を磨いていても、虫歯ができる時はできてしまう…。ちゃんと歯を磨いているのになぜ虫歯はできてしまうのでしょうか?
ここで虫歯が発生する仕組みを見ていきたいと思います。

 

虫歯とは?

う蝕(齲蝕・うしょく)とは、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が脱灰されて起こる、歯の実質欠損のことである。歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである。う蝕された歯は、う歯(一般的には虫歯)と呼ぶ。う蝕が進行して歯に穴ができていることが目に見えてわかる状態になった場合、その穴をう窩と呼ぶ。
(出典:Wikipedia

虫歯は風邪と並んで、誰でもどの世代でも比較的簡単に起こる可能性のある一般的な病気です。特に子供の頃は歯の石灰度が低いため虫歯になりやすいです。

 

虫歯になるメカニズム

虫歯になるのには個人差があり、歯をしっかり磨いていても虫歯になってしまう人や、逆に歯を全く磨いていないという人でも虫歯が無かったりします。その差は虫歯菌が口の中にいるかどうかの影響がかなり大きいです。虫歯菌の中にも様々な種類がありますが、その中でも最も悪い菌をミュータンス菌といい、ミュータンス菌は生後10ヶ月~36ヶ月くらいの間に親から感染します。

口の中にいる虫歯菌は歯の表面にあるバイオフィルムという膜に感染します。バイオフィルムとは液体の中に個体が存在するとその表面に存在し、キッチンやお風呂などに発生するヌメリの正体でもあります。このバイオフィルムの中で虫歯菌は、食べたり飲んだりした中の糖分を取り込み、酸として出します。この酸によって歯は溶かされ(脱灰)続けると虫歯になります。しかし通常、口の中にある唾液が虫歯菌の出す酸を中和し、脱灰された歯を修復(再石灰化)して歯を守っています。唾液による中和や再石灰化ができなくなると虫歯になります。

 

虫歯ができる原因

【1.十分に歯磨きができていない】
歯磨きをしていも十分に磨ききれておらず、歯垢が残ってしまうと虫歯菌が食事のたびに大量の酸を出すので、唾液が酸を中和しきれずに虫歯になってしまいます。これに対処するためには、まず自分がどこまで歯垢を摂れているかを知る必要があります。ドラッグストア等で売っている歯垢染め出し液を使ってチェックしましょう。歯ブラシだけでは歯垢は完全には取りきれませんが、デンタルフロスを併用することでかなり多くの歯垢を取ることができます。

【2.間食や甘いものが好き】
お菓子やジュースなどの甘いものは虫歯菌が酸を作りやすい飲食物です。これらを口にする回数が多いとその分虫歯菌が酸を出す回数も多くなり、唾液が酸を中和するスピードが酸の発生に追いつかなくなります。対策するには、食事をできるだけ決まった時間に行い、飲み物を無糖のものに変えるだけでかなり改善されます。

【3.歯の質が元々弱い】
歯の質が弱いと虫歯菌の出すさんにすぐに溶かされて虫歯になってしまいます。歯の質を強くするにはフッ素が効果的です。フッ素入りの歯磨き粉を使ってフッ素を塗り込むように歯を磨くと、徐々に歯の質は強くなるようです。

【4.口内の虫歯菌が多い】
虫歯菌が口の中にもともと多い人は、酸を出す量が多いために虫歯菌になってしまいます。特に親から感染するミュータンス菌が多いか少ないかは歯科医院で調べられます。
ミュータンス菌にはフッ化第一スズが含まれているフッ素ジェル「ホームジェル」が効果的で、キシリトールもミュータンス菌の活動を弱めてくれます。

【5.唾液の量が少ない】
唾液の量が少ないと虫歯菌の出す酸を中和することができなかったり、再石灰化することができずに虫歯になります。自律神経の薬や高血圧などの薬を飲み始めると唾液の量が減ってしまいます。唾液腺マッサージや食後に100%のキシリトールガムを噛み、唾液の量を増やすようにします。

【6.唾液の力が弱い】
唾液の量は正常でも、唾液の力が弱いとやはり虫歯菌の出す酸を中和したり、再石灰化に時間がかかるようになります。唾液自体の力を強めることはできないので、唾液量を増やして質を量でカバーすることが必要です。

【7.詰め物の隙間から虫歯になる】
歯の詰め物や4~5年くらい経つと劣化し、隙間から虫歯になりやすくなります。金属やプラスチックの詰め物は劣化しやすいので、セラミックで治療をすると劣化の早さを遅くすることができます。

 

自分がどんな原因で虫歯ができるのか?を知るのが重要

人によって虫歯ができる原因というのは様々です。そこで自分がどの原因で虫歯になってしまうのか?ということを知るのが最も大事な対策の第一歩となります。
歯科医院で行われる唾液検査は自分がどんな原因によって虫歯になりやすいかを知ることができます。歯医者さんに言われた通りに頑張って歯を磨いているのに虫歯ができてしまう、という人は歯科医院にて唾液検査を行ってみましょう。自分がどんな原因で虫歯ができるかを知り、その対策をすることによって今後虫歯ができにくくなります。

 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の虫歯に対する効果


ビエリデントアクア(BielidentAqua)は口の中の環境をきれいにし、虫歯を予防する効果があります。
抗菌作用があるので虫歯菌や歯周病菌に対して効果があり、抗酸化作用のある成分が入っているので口の中の菌が出す酸を中和しやすくしてくれます。また、虫歯菌の温床となる歯垢をつきにくくしたり、虫歯菌でも最も悪い菌であるミュータンス菌を弱めるキシリトールも入っているので様々な虫歯の原因にアプローチすることができます。
ビエリデントアクア(BielidentAqua)一つで色々な虫歯の原因に対処することができるのでお手軽で、またコスパもかなり良いです。

 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の口コミを見てみる

虫歯の原因とビエリデントアクア(BielidentAqua)の虫歯に対する効果 まとめ

虫歯の原因には、自分で気をつければ防げるものと自分で気をつけたとしても防ぐのが難しいものがあります。自分で気をつけられる原因(正しい歯の磨き方を知る、間食や甘いものを食べ過ぎることを控える)などはまだ良いですが、自分で防ぐのがなかなか難しい場合は歯科医院に通って予防することが必要となってきます。
この予防の方法は確実ですが、やはり手間やお金がかかるので定期的に続けるということが難しく、それらの予防を怠ってしまったばかりに虫歯ができてしまった…という事も多いかと思います。

そこでビエリデントアクア(BielidentAqua)を普段から使って虫歯菌に対して常にアプローチできていて、抗酸化作用のある成分により確実に虫歯菌が出す酸を中和できる環境を口内に作っておけば、虫歯になる確率は劇的に下がります。
虫歯は一度できてしまうと自然に治ることはないので予防が大切です。ビエリデントアクア(BielidentAqua)を使って口の中を清潔に保ち、虫歯ができにくい環境にしておきましょう!

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です