ビエリデントアクアでホワイトニング!ホワイトニングすることによるメリット

白い歯というのは誰しもが憧れるものだと思います。
テレビを見ていて、テレビに映る人は俳優さんや女優さんはもちろん、タレントさんやお笑い芸人の方々まで皆歯が白いです。歯が黄色い、汚い、という人はテレビに映る芸能人にはなかなかいませんよね。
それだけ歯の白さというのは重要なことです。

歯が白いとまず若く見えますし、清潔感にも溢れて見た目の印象がかなり良いです。これは外見的なメリットですが、実は内面的な変化ももたらしてくれます。
ビエリデントアクアはそんな歯の白さを実現する新しいホワイトニング歯磨きです。ビエリデントアクアで歯を磨くことで歯は徐々にホワイトニングされ、白くなっていきます。
では歯がホワイトニングされ、白くなっていくことで一体どんなメリットがあるのでしょうか?今回はホワイトニングによるメリットを紹介していきたいと思います。

 
>>ビエリデントアクアの詳細はこちら

ホワイトニングによりメリット



歯が白いと5歳若く見える


海外(イギリス)の男女2000人を対象とした調査では、歯が白い人は実年齢よりも5歳若くみえるという調査結果があります。
海外では歯が白い方が印象が良いようで、それは日本も同じです。海外で5歳も若く見えるという結果が出たということは日本でもそういう風な印象になるハズ。若く見えるということは様々な面でメリットと言えるポイントです。

顔の中で印象に残る部分は大部分が目元で、次に口元だと言われています。口元は感情を表しやすい部分なので、人は話し相手の口元を見て無意識に感情を読み取ろうとします。それだけ多く見る場所なので、とても印象に残りやすいという事ですね!

そして口元に目が行くとやはり歯が見えます。特に笑った時は歯が見えることが多く、この時にチラッと覗く歯が綺麗かだと顔の印象がとても変わり、とても若いイメージになります。逆に歯が綺麗でないと顔全体の印象もくすんで見えてしまい、自然と印象は悪くなります。

 

第一印象が良くなる


初対面の人の第一印象は、会ってから5秒以内で決まると言われています。これは「メラビアンの法則」というもので、視覚情報とは身なりや外見をはじめ、その人の表情や仕草、目や口の動きといった情報です。その中でも最も印象に残る部分が目元や口元で、歯の白さは第一印象を決定づける一因になります。

 

相手に清潔感を与える


歯は飲食などにより汚れなどが付きやすいです。念入りなブラッシングが行き届いていないとすぐに歯垢や歯石がたまってしまいますが、歯をいつも白く保つことができていればとても清潔な印象を与えることができます。清潔感だけでなく誠実さや信頼感も与えることができますね。

 

メイクが映える


女性限定の話になってしまいますが、歯が白いとメイク映えします。歯が黄ばんでいたり白さがくすんでいるといくらメイクをバッチリしていても印象は悪いです。歯の白さはメイク映えが良くなりかなり重要なポイントです。

 

明るい印象を与えることができる


歯の色を普段から気にしていると大きく笑って歯を見せることを無意識に躊躇してしまうものです。そのことで暗い印象を与えたり、心を開いていないようなイメージを与えやすくなってしまいます。歯が白ければ人前でも思いっきり笑うことができますし、そうすると相手に対して明るい印象を与えることができます。笑顔に自信が持てるようになると自分自身の内面も明るくなり、精神的にもかなり良い影響があります。

 

交友関係が広がる


上述したように、歯の色が気になっていて歯を見せないように笑ったりしていると笑顔などの表情がぎこちなくなり、人とのコミュニケーションも楽しくなくなるので距離を置きがちになります。しかし歯が白くなればそういう歯を気にすることが無くなるので、自分から人と接するようにもなり、積極的なコミュニケーションにつながります。

 

しっかりと歯のケアをするようになる


一度歯を白くすると、誰でもその歯を維持したいと思うようになります。そうなると当然日々のセルフケアも入念になり、少しでも気になるところがあればすぐに歯医者さんに行くようになるでしょう。歯が白くなると見た目を維持するだけでなく、口の中の健康をキープすることにつながります。

(参考:http://takagi-ds.com/report/160427-2/
 
 
以上のように歯が白くなればかなりメリットも多く、歯は白い方が好ましいということがわかると思います。では、その歯の白さは一般的にどれくらいあればメリットを感じられるだけでのレベルになるのでしょうか?

白い歯の基準とは?



VITAシェードガイドを基準にする


歯の白さにも基準があります。その白さの具体的な基準を示すものをシェードガイドというのですが、世界的に広く普及しているのはドイツのVITAという会社が作ったシェードガイドです。
シャードガイドがどんなものかというと、様々な歯の明るさや色味を陶器で再現したもので、歯の白さを推し量る物差しのようなものです。VITA社のシェードガイドは白さの明るい順に16段階で並べたもので、それを見ることで今の自分の歯がどれくらいの色で、あと何段階白くすれば希望の色にできるのか?といったホワイトニングの具体的な目標を示してくれます。

 

目指すべきシェードガイドは?


VITAのシェードガイドで、日本人が目標とすべきはA1からB1の明るさです。A1レベルの白さならば自分でも白いと感じられ、誰から見ても白く美しい歯と言えます。ただしシェードガイドの範囲以上に白くしてしまうとかなり不自然になってしまうので注意が必要です。

 

ホワイトニングのデメリットは?



歯を白くするホワイトニングにはメリットが数多くあります。しかし、デメリットもあります。特に歯医者さんで行うホワイトニングについてのデメリットを紹介していきます。

オフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)では1回だけの施術で思ったように仕上がらないことも多々あります。
歯の厚みや違い、ホワイトニングの効果が出にくい部分などがあるので、想定した白さや均一な白さに仕上がらないんです。これが起きるのは個人差があるため実際にやってみないとわからないです。ただ、もしそうなってしまってもその後ホワイトニングの施術を重ねていけば解消されるので心配する必要はあまりありません。
また、ホワイトニングの効果は一度やればずっと続くワケではなく、徐々に色は戻っていきます。1回の施術で効果が続く期間は大体3~6ヶ月くらいで、オフィスホワイトニングは早めに効果が出る分、色戻りも早いと言われています。

また、歯の表面が荒れやすかったり、知覚過敏になりやすいという歯への影響もあります。
そして何と言っても使用が高額になります。オフィスホワイトニングは健康保険の適用外になってしまうので、施術代の全額を自費で支払わないといけません。1回の施術費用は1万円程度が相場だと言われていますが、施術内容や場所によっては5~10万円になる場合もあるようです。ホワイトニングは歯医者さんが技術や設備を考慮して自由に価格設定できる分野であるため、このような差が出てきます。

(参考:http://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/whitening-demerit.html
 
>>ビエリデントアクアの詳細はこちら

ホワイトニングのメリットとデメリット まとめ



ホワイトニングは歯を白くして、外からの印象を良くしたり、自分自身の意識を変えてポジティブになれる、と言ったようなかなり大きなメリットがあります。その反面、効果の個人差により人によっては何度も歯医者さんに通わなければならなくなったり、その分費用がかさんでしまったりもします。

しかしビエリデントアクアは自宅で簡単に歯を白くしていくことができ、歯を白くする=メンテナンスと言っても良いのでビエリデントアクアを使い続ける限り歯が色戻りすることはありません。
費用に関してもオフィスホワイトニングを受けるよりは格段に安く購入できるので、非常に経済的と言えるでしょう。

ホワイトニングに興味はあるけど、なかなかやる気になれない…という方は一度ビエリデントアクアを試してみてはいかがでしょうか?

>>ビエリデントアクアの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です