ビエリデントアクア(BielidentAqua)で歯は白くなる?効果と効能調べ

歯医者さんに通うことなく、自宅で時間をかけず手軽にホワイトニングができるというビエリデントアクア(BielidentAqua)。
ビエリデントアクア(BielidentAqua)を使って普段通りに歯を磨くだけで歯のホワイトニングができ、さらに虫歯や歯周病などの口内トラブルも防ぐことができるので、お口のトラブルをこのビエリデントアクア(BielidentAqua)だけで解決できると現在SNSを中心に話題になっています。

そんなビエリデントアクア(BielidentAqua)にはどれほどの効果や効能があるのかを紹介します。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら
 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)によるホワイトニング効果

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の最大の特徴として、歯を白くする「ホワイトニング効果」があります。
歯は食事をすることや飲み物を飲むこと、さらに加齢による歯の摩耗などが原因でどうしても着色汚れが付いてしまいます。
つまり普通に生活しているだけで歯が黄ばみ、どうしても見栄えが悪くなっていきます。

特に紅茶やコーヒー、ワインは他の食べ物や飲み物よりも着色しやすく、それらを好んで飲む人は通常よりも歯が黄ばみやすい傾向にあります。
また、タバコのヤニも歯の着色汚れの原因となるので、普段からタバコを吸っていてその中でもヘビースモーカーの人は歯が黄ばんで汚れやすくなります。

そんな着色汚れ(ステイン)をきれいにするのには、一般的には歯医者さんに通ってホワイトニングの治療をして貰う必要がありました。
しかし歯医者さんのホワイトニング施術は

・1回の施術に約1時間ほどかかり、通院頻度にもよりますが長ければ1年ほど通わなければいけません。
・個人差や施術する歯科医院にもよりますが、かなり痛い場合があります。
・白くなるまでの施術費用は安くて約3万円、高ければ約15万円ほどもかかってしまい、家計の経済を圧迫しやすいです。
(参考:https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3578

など、歯が白くなる代わりに時間やお金がかなりかかるという現実があります。
しかも痛い場合があるので、痛みに弱い人はその苦痛に耐えられずに途中で通院をやめてしまって、それまでの施術にかかった時間やお金をムダにしてしまう事も多いようです。。
これらの理由から、歯医者さんでのホワイトニングは精神的にもお財布的にもなかなか敷居が高いものでした。

しかし、なんとビエリデントアクア(BielidentAqua)はそんな歯のホワイトニングを自宅で簡単に、かつ手軽にすることができます。
さらにこれまでの歯磨きと同じ方法でのホワイトニングを行うことができるため、痛みもありません。
これらの事から、途中でやめてしまう原因が少なく、歯が白くなるまで続けやすくなっています。

 

歯が黄ばむメカニズム

紅茶やコーヒー、ワイン、タバコに加えて加齢でも歯が黄ばんでしまうということはわかりましたが、何故それらが歯を汚してしまうのでしょうか?
歯の着色汚れには2つのメカニズムがあります。

■原因1:外側からの汚れ

タバコのヤニやコーヒー、紅茶の茶渋など色の濃い飲食物の色素沈着など、歯の表面に外部から沈着する黄ばみ汚れです。
これらの汚れは表面についた後、色素沈着して歯の内部まで汚してしまいます。
当然ながらタバコを吸う頻度が多かったり、コーヒーや紅茶などの色の付いた飲食物を多く口にすればするほど、歯の黄ばみ汚れは早く進むことになります。

■原因2:内側からの汚れ

歯の内部の象牙質部分が、加齢に伴い黄ばみ等の色素沈着を起こしてしまいます。
それに加えて歯表面のエナメル質の層の厚みが長年の摩耗により薄くなり、内部の黄ばみが表面に表れてきます。
これは加齢に伴う黄ばみと言われています。

 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)はこれら2つの原因にアプローチする

■外側からのアプローチ

歯の表面(エナメル質)に沈着する頑固な黄ばみ汚れを撃退します。
ビエリデントアクア(BielidentAqua)は適度な粘度により、歯表面にをまとわりつくように覆います。
そして歯ブラシのブラッシングによって歯表面の汚れを絡め取るジェルタイプの歯磨き剤です。
歯磨き剤として高い洗浄力に加え、「炭酸水素ナトリウム」を配合することにより、歯の表面に沈着したタバコのヤニや茶渋に効率的にアプローチし、歯を白く美しく磨き上げます。
(参考:https://haisha-yoyaku-blog.jp/soda-mouthwash-5172

■内側からのアプローチ

加齢に伴う歯の黄ばみを防ぐ口腔エイジングケア処方で口の中に爽やかで清潔な潤いを与えます。
口の中の潤いが不足すると、バクテリアが繁殖し口臭がひどくなったり、虫歯や歯茎のトラブルなどのリスクが高まり、口の中の老化が進むと言われています。
象牙質の部分は、加齢に伴い黄色く色づいてくると言われていて、同時にその外側のエナメル質は厚みを失っていくので、歯が全体的に黄ばみます。
これが老化による歯の黄ばみの原因と言われています。
まずは口の中を新鮮な潤いで満たし、口の中の老化を防ぎ、若々しく保つことが重要となります。

 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)は口の中を清潔に保つ

ビエリデントアクア(BielidentAqua)は黄ばんだ歯を白くするホワイトニング効果のほかに、口内の環境を整える効果もあります。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)は「TOOTH WASH(トゥースウォッシュ」と「TOOTH GEL(トゥースジェル)」の2つの製品で構成されていて、まずTOOTH WASH(トゥースウォッシュ)で歯の表面にこびりついた食べ物の残りカスや雑菌、タバコのヤニやコーヒーなどの表面沈着を落としやすい状態にします。
次のTOOTH GEL(トゥースジェル)では、それを使って歯ブラシでブラッシングすることによって歯の表面の黄ばみを除去し、同時にお口の中を爽やかでサラサラの潤いで満たし、「オーラルアンチエイジング」を実現します。

就寝前にビエリデントアクア(BielidentAqua)で歯を磨くことで口の中が清潔に保たれ、次の朝にも寝起きと思えない口の爽やかさが保たれています。

 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら
 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の効果・効能のまとめ

これまでの歯磨き粉は歯を「白く保つ」「これ以上黄ばみにくくする」といったように、歯の色を現状維持するものがほとんどでした。
歯がまだ白い人ならば従来の歯磨き粉でも十分でしょう。

しかし、紅茶やコーヒー、ワインなどの色の付いた飲食物が好きだったり、タバコを普段から吸う人は個人差はあれど、既にある程度歯が黄ばんでしまっている人も多いです。
そんな黄ばみを白くするには一般的には歯医者さんに通い、時間とお金をかけてホワイトニングの施術をする必要がありました。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)はそんなホワイトニングを自宅で簡単に手軽に、しかも歯科医院に通院するよりもかなり安い値段で行うことができてしまいます。
さらにビエリデントアクア(BielidentAqua)はTOOTH WASH(トゥースウォッシュ)を使った液体による洗浄を行うので、ホワイトニングだけではなくブラシが届きにくい口の中のすみずみまできれいにし、環境を整えます。その結果、口の中を清潔にすることで虫歯や歯周病、歯肉炎などの口内トラブルを防ぐことができます。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の口コミについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です