ビエリデントアクア(BielidentAqua)の危険性は?含まれている成分調べ

自宅でも簡単にホワイトニングができて、さらに口の中の環境を整えて虫歯や歯周病、歯肉炎などといったお口の中のトラブルを防止する効果のあるビエリデントアクア(BielidentAqua)。

ホワイトニングと言えば歯医者さんに通って時間とお金をかけて行うのがこれまでは一般的でしたが、ビエリデントアクア(BielidentAqua)を使えば自宅で簡単に手軽にホワイトニングができ、55秒ほどで口の中のケアができて時短となるので密かに話題になっています。

そんなビエリデントアクア(BielidentAqua)ですが強力な効果があるので、含まれている成分の危険性などが気になることもあると思います。
今回はその成分について調べてみました。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら
 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の危険性は?成分に心配は無い?


ビエリデントアクア(BielidentAqua)は歯を白くするなどの効果に加え、気になる口内環境を整える効果もあります。
そこで気になってくるのはその危険性ですが、ビエリデントアクア(BielidentAqua)は医薬部外品なので安全性・信頼性があります。

『医薬部外品』とは?
日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものです。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれます。医薬部外品を製造販売する事業者は、医薬部外品製造販売業許可を取得しなければなりません。製造販売業許可を取得するためには、様々な許可要件を満たす必要があります。
また、医薬部外品を製造する製造所も医薬部外品製造業許可を取得しなければなりません。薬局等構造設備規則に適合している必要があり、日本国外の製造所の場合には、外国製造業者認定を取得している必要があります。
(参考:Wikipedia

以上のように、医薬部外品と指定されるものは様々な法律や規定をクリアし、厚生労働大臣に許可されなければならないので安全性や品質は保証されています。
使用されている有効成分だけでなく、ビエリデントアクア(BielidentAqua)自体も医薬部外品として厚生労働省から認められた物ですので、安心・信頼でき、効果が期待できる商品となっています。

 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)に使われている成分は?

ビエリデントアクア(BielidentAqua)には歯を白くする効果のある成分や、口の中の環境を清潔に保ち、虫歯や歯周病などの口内トラブルを抑える働きがある成分がふんだんに使用されています。
では実際にどういった成分が使用されているのかを紹介します。

 

炭酸水素ナトリウム


炭酸水素ナトリウムは一般的には「重炭酸ソーダ」(重曹)とも呼ばれ、一般家庭でも頻繁に使われる薬品なので薬局やスーパーマーケットでも手に入りやすく、安全な薬品です。
炭酸水素ナトリウムは歯の表面に沈着したタバコのヤニや茶渋に効率的にアプローチし、歯を白く美しく磨き上げます。

水でも入れない歯と歯の間の隙間に炭酸水素ナトリウムが入り込み、汚れを剥がして落とします。

そして炭酸水素ナトリウムは虫歯にも有効です。
虫歯の原因は虫歯菌が作り出す乳酸です。炭酸水素ナトリウムは弱アルカリ性なのでこの乳酸を中和させることができ、虫歯にさせない働きがあります。

また、炭酸水素ナトリウムには消臭効果があり、口臭を和らげる効果を持っています。

(参考:Wikipedia

 

TOOTH GELに含まれている成分

天然由来成分を中心に多くの自然の恵みを配合しています。

■茶葉エキス
虫歯や口臭を防ぐ目的で歯磨きや口臭予防製品にも広く配合されていて、殺菌効果があります。

■サッカロミセス溶解質エキス
強力な鉱化作用がある酵母エキスです。

■キシリトール
キシリトールは甘味料ですが虫歯の原因にならず、さらに虫歯の発生・進行を防ぐことができます。
これは長期的な臨床研究で証明されています。

■オリゴ糖
オリゴ糖は糖アルコールと呼ばれるもので、これは盗塁ですが虫歯の原因となる酸が含まれていません。
清涼感のある甘さを感じるけど、酸を出さないので虫歯予防につながります。

■オタネニンジン
歯茎を健康にし、潤いを保つ保湿剤の役割をします。

■クロレラ
クロレラには歯周病予防の効果があり、痛みを緩和、改善する効果があります。

■トウキ根
トウキには口臭や粘つきを伴う歯肉炎・歯周病を予防する効果があります。

■イチョウ葉
抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用があり、歯周病に効果があります。

■アロエベラ
アロエには細菌の繁殖を抑える働きがあり、炎症を抑えて痛みを緩和する効果があります。

■アラントイン
アラントインには真皮の歯茎細胞を活性化させる働きがあります。歯茎の細胞を活性化させ、コラーゲンを作り出す手助けをし、歯茎組織を修復する作用があります。

■グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があり、歯茎の腫れや炎症を抑えることによって歯槽膿漏や歯肉炎を防ぎます。

■カンゾウ
歯茎の炎症をおさえ、歯槽膿漏を防ぎます。

■オウゴン根
抗炎症作用によって歯茎の炎症をおさえ、歯槽膿漏を防ぎます。

■ドクダミ
ドクダミは昔から「歯茎をドクダミで湿布すると歯周病に効果がある」と言われています。
このように歯周病や歯肉炎を始め、歯茎の様々なトラブルに効果があります。

■ハッカ
ハッカには抗菌殺菌作用があり、口臭の元に対して効果があります。

■メンソール
メンソールには口臭予防の効果があります。

■シャクヤク根エキス
シャクヤク根エキスは歯茎をひきしめ、歯周病予防の効果があります。

 

TOOTH WASHに含まれている成分

■シメン-5-オール
殺菌力がある成分で、口の中の雑菌を減少させ、虫歯の発生・進行や口臭を予防します。

■アラントイン
抗炎症作用で歯茎の腫れ・炎症を抑え、歯周病や歯肉炎を予防します。

■チャエキス
緑茶由来のエキスで、抗菌作用があるので虫歯予防になります。

■ワレモコウエキス
虫歯菌や歯周病菌に対する抗菌作用があり、これらのトラブルを防ぐことができます。

■キシリトール
甘味料ですが虫歯の原因となる酸をもたないので甘いですが虫歯になりません。

■ウーロン茶エキス
歯垢がつきににくく、口の中の環境を清潔に保ちます。

■トウキエキス
抗炎症作用により歯茎の腫れを抑える働きがあります。

■ステビアエキス
砂糖に代わる甘味料でキシリトール同様虫歯の原因にならず、虫歯予防ができる甘味料として注目されています。

■ドクダミエキス
歯垢が形成されるのを抑制する作用があります。

■ホップエキス
ホップエキスには抗炎症作用や抗菌作用があり、口臭に対して消臭効果があります。

■メントール
口の中に爽快感や清涼感を出し、スッキリさせてくれます。
 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細はこちら
 

ビエリデントアクア(BielidentAqua)に使用されている成分まとめ

ビエリデントアクア(BielidentAqua)には歯を白くする成分がふんだんに使われています。
また、口の中の環境を清潔にし、整える効果のある成分もかなり多く含まれています。
それらの成分が相互に作用し、強力な効果を生み出す結果となっています。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)は歯の黄ばみが気になる、または虫歯や歯周病を防ぎたいと思っている人にかなりオススメのオーラルケア商品です。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です