ビエリデントアクア(BielidentAqua)のホワイトニング効果と一般的なホワイトニング

ビエリデントアクア(BielidentAqua)には歯を白くするホワイトニング効果があります。
これはビエリデントアクア(BielidentAqua)に含まれる成分で歯を白くしますが、歯医者さんでも当然ホワイトニング施術をしてもらって歯を白くすることができます。

今回はホワイトニングというものは具体的にどんなものか、一般的なホワイトニングの値段や仕組みなどを調べたので紹介します。

 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細を見てみる

一般的なホワイトニングの仕組み


ホワイトニングはその名の通り、薬品などで歯を白くすることを言います。
ではホワイトニングによって歯はどのように白くなるのでしょうか?それは、ホワイトニング用の薬品に使われている過酸化水素水もしくは過酸化尿素が、着色成分である有機質を分解し脱色するため、歯を白くすることができます。過酸化水素や過酸化尿素は一定温度になると、酸素と水に分解します。この時に発生する酸素が、歯の着色物を無色透明に分解します。

しかし、エナメル質の色素が無色透明になっただけでは歯は白く見えません。なぜかというと、エナメル質の色は実は真っ白ではなく、半透明でその下にある象牙質の色は黄色みがかっているので、エナメル質の色素を無色透明にしたとしてもその中の黄色い象牙質が透けて見えることによって、見た目では歯は白く見えないのです。

そこで、歯を白く見せるためには、曇りガラスのようなマスキング効果が必要となってきます。
エナメル質は無数のエナメル小柱が束になってできています。ホワイトニング剤から発生した酸素はエナメル質表層のエナメル小柱の構造を角状から球に変化させる作用があり、球状になったエナメル小柱表面に光が乱反射し、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見えるようになります。
これが歯のホワイトニングの仕組みとなります。

 
(参考:http://www.shinbi-shika.net/shinbi_html/care/white_qa.html

歯の黄ばみの原因とは?



歯の黄ばみの原因は、加齢の他にもコーヒーや紅茶、ワインなどの飲食物に含まれる色素による着色汚れが原因です。また、タバコのヤニも歯を黄色くします。
また、歯のミネラル成分が溶け出すことで、くすんで見えるようになることも関係しています。

■歯の黄ばみの元になりやすい食品や飲料など
・コーヒー、紅茶、ウーロン茶
コーヒーや紅茶に含まれるタンニン、カテキンなどが黄ばみの原因となります。

・タバコ
タバコのヤニ(タール)が歯にこびりつき、歯の色が茶色くくすんできます。

・赤ワイン、チョコレート、グレープフルーツジュース
ワインやチョコレートに含まれているポリフェノールがステイン(歯の着色汚れ)となります。さらに赤ワインにはタンニンも含まれています。

・カレー粉、醤油、ケチャップ、ソースなど
調味料に含まれている着色料が歯を着色します。

 

ホワイトニングの種類


ホワイトニングには大きく分けてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つがあります。
歯科医院でホワイトニング施術してもらうことをオフィスホワイトニングと言い、歯科医院で処方してもらったマウスピースと薬剤を使って自宅で行うものをホームホワイトニングといいます。
両者を併用することをデュアルホワイトニングと言い、最も歯を白くするのにオススメです。

 

オフィスホワイトニング



オフィスホワイトニングの種類


歯科医院で採用されているホワイトニングには「ビヨンド」「ズーム」「ルマホワイト」「オパールエッセンス」などがありますが、基本的には全て過酸化水素糖の高濃度の漂白剤を使用しています。
表額剤は有機着色物を除去するのではなく、無色化します。歯の象牙細管まで入り込んで内部まで白くすることができます。

オフィスホワイトニングの料金


オフィスホワイトニングにかかり費用は施術する場所にもよりますが、一般歯科ならば1回の施術で30000円~50000円、ホワイトニング専門歯科の場合は1回に5000円~30000円程度と、一般歯科よりも少し安くなっている場合が多いようです。

 

ホームホワイトニング



ホームホワイトニングの種類


ホームホワイトニングをするにはまず、歯科医院か専門の機関に自分専用のマウスピースを作ってもらう必要があります。それを受け取ったら自宅に持ち帰り、決められた薬剤を注入して一定時間歯に装着し、漂白します。
これもオフィスホワイトニングと同じく、「ビヨンド」「ズーム」「ルマホワイト」「オパールエッセンス」など様々なシステムが使われています。

 

ホームホワイトニングの料金


ホームホワイトニングの料金は一般的な歯科では20000円~40000円ほど、ホワイトニング専門歯科の場合は15000円~35000円ほどで、オフィスホワイトニング同様一般歯科よりも相対的に安い相場となっています。
ホームホワイトニングは施術費用の他に、初回にマウスピースの作成以後はホワイトニング用の薬剤だけを追加すれば、いつでも自宅でホワイトニングを継続して行うことができます。
薬剤の購入費用は1~2週間分で5000円~10000円程度となっています。

 
ビエリデントアクア(BielidentAqua)の詳細を見てみる

ホワイトニングに関しての注意事項



ホワイトニングに関しての注意事項として、ホワイトニング施術には保険が効きません。現在の医療制度では、審美目的(健康だけど見た目を良くする目的)のための保険は適用されないので、自由診療となります。
ですので料金設定はそれぞれの歯科医院に委ねられて独自のものとなっているので、同じシステム、同じ内容でも施術する歯科医院によって料金が異なる場合も大いにあります。

また、歯科医院によって異なるシステムを採用している場合も多く、海外から個人輸入されたものを使用していたり、国内で承認されたものを衣料品販売会社から購入して使用していたりするので、そこで価格の差異が生じてくる場合もあります。

ホワイトニングの施術代についてまとめると、ホワイトニングの費用は一般的には
・委員が購入するホワイトニングシステムの購入原価
・診察する歯科医師の人件費
・施術する歯科医師または歯科衛生士の人件費
・医院の家賃など
によって決まります。

基本的にはホワイトニングの施術は高額になることが多いので、ホワイトニングを施術する歯科医院は一人のお客さんにゆっくりと時間をかけ、丁寧に施術を行うことが多いようです。
丁寧にやらないと、高い費用を払ってまで来てくれるお客さんが少なくなるから、というのが主な理由のようですね。

一方、比較的安い費用でホワイトニング施術をしてくれる歯科医院もありますが、安い分時間をかけて施術をする、というところは少ないようです。

施術費用は場所によって差はありますが、基本的には高濃度の漂白剤を使用したオフィスホワイトニングではどのシステムを採用していたとしても効果の差はありません。
しかし、施術の際の丁寧さや熟練度など、人の手による技術で差は出やすいので、そういう意味では効果を確実に得たいのであれば施術費用が比較的高い歯科医院を選ぶ必要があるのかもしれません。
 
(参考:http://shikazemi.net/whitening-fee-cost-580
 

一般的なホワイトニングの仕組みや費用 まとめ



長年の歯の着色汚れを除去して歯を白くするには、歯科医院や専門の歯科医院でホワイトニングの施術を受ける必要がありました。
歯科医に施術してもらうので、よっぽどのことが無い限りは歯を白くすることができます。しかし、その分施術費用も決して安くはなく、また場合によっては痛みを伴うのでホワイトニングに通うにはなかなか敷居が高いです。

しかしビエリデントアクア(BielidentAqua)はそんな歯のホワイトニングを自宅で手軽に行うことができます。
しかも歯科医院でホワイトニングをするよりも安価で行うことができ、歯磨きと同じ要領なので痛みを伴うこともありません。

歯を確実に白くするためならば費用の高さや痛みは受け入れられる!という場合は歯科医にてホワイトニングを受けた方がプロに施術してもらっているという安心感があるのでそちらの方が良いですが、できるだけ安く済み、痛みも無い方が良い!という場合はビエリデントアクア(BielidentAqua)がオススメできます。

ビエリデントアクア(BielidentAqua)の口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です